久々の薬草園めぐり

昨日、コロナ禍で3年近く薬草園に行けなかったので、久々に薬草園を訪れ、写真を撮りまくってきました。


午前中は東大和の東京都薬用植物園、午後は飯能の生活の木薬香草園とお天気も良かったのでふたつの薬草園はしごをしてきました。





季節もよくなり、いたるところで花々が開花し、ハチたちが花粉を運んだり、蜜を集めたりと忙しそうに動き回っていました。



邪魔しないように写真を撮りまくり、撮った写真の枚数はなんと約500枚近く。

どうやって整理しようか💦・・・




講座を受け持っていると植物を説明するのに写真は必要になってきます。

しかも、なるべく自分が撮った写真を見せてあげたい!と思ってしまうのは私だけ?

(アマチュアですが、長年撮っているとけっこう出来栄えのいい写真もあるんです)



まず植物の全体像、葉の形、花、果実、植物を説明する立て札など、ひとつの植物に5~6枚は必要。

気が付くと200枚、300枚なんて当たり前。



そんなこんなで日差しもよかったこともあり、比較的いい写真が撮れたと自己満足。

整理整頓して、間もなく講座でお見せできると思います。




東大和の薬草園では、ハーブはあと2週間ほどで咲き誇るのではないでしょうか。

すでにジャーマンカモミール、イブキジャコウソウ、ボリジ、ディル、セージ、ヘンルーダなどは満開でした。ミントも勢いがついてきています。




飯能薬香草園は、ハーブ初心者には楽しめるように設計されています。

さすがにダマスクローズは終わりかけですが、これからの季節には各種ラベンダーが最盛期を迎え、続いて夏にはエキナセアが咲き誇るでしょう。






早咲きのラベンダーが咲いていました。

白、青、ピンクのニゲラも、青のコーンフラワーも咲いていて、目を楽しませてくれます。

ガーデンにおける色彩の配置も大事ですね。



リンデンは花芽がついていました!!

あと2~3週間ほどでいい香りを放って咲くことでしょう。

リンデンの木の下にはベンチが置いてあります。

甘い香りを楽しみながら気の合う友人たちと語らうのもいいでしょうね。



ハーブ・アロマを学ぶ方には是非植物に触れることをお勧めします。

五感を磨く!!ことが大切なのです。


植物に触れる、香りを嗅ぐ、花の色を楽しむ、心地良い音楽を聴きながらゆったりとハーブティーを飲むなどの五感です。


そうすることで心にも身体にも癒しをもたらしてくれます。


自然の中で大きく深呼吸をして、新緑をめでてください。

ハーブを触って香りを楽しんでください。

リラックス間違いなし!!


是非、近くのハーブ園や薬草園にお出かけください。

気持ちいいですよ。



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示