クラフトコーラ美味しくできた♥




先週、Mikami Labで「クラフトコーラをつくろう!」講座を開催しました。


Mikami Labで行っているセミナーで木村正典先生の「植物形態学、顕微鏡観察&調理実習」講座でクラフトコーラつくりを行ったところ、とても美味しく出来上がったのです。

ならばMikami Lab独自の体験型実習講座にしようとさっそく参加者募集。



クラフトコーラの作り方やレシピはネット検索をするといろいろ出てきます。

作り方はいたって簡単。

お砂糖+お水+スパイス類+柑橘をお鍋に入れて、沸騰するまで中火で、その後弱火で10分ほど煮込めば出来上がり!と、小学生でも失敗なくつくることができます。



ただ味の違いの決め手は・・・?

薬っぽい味で美味しくない、まずいという人もいれば、美味しいと感じる人もいます。

昔よく飲んだコカ・コーラの味とはずいぶん違う・・・?

それは当然のことで、あのコカ・コーラのレシピは今もって極秘らしいです。



私たちがつくるクラフトコーラはレシピはさまざま。

どんな味にしたいかは、作る人の味覚センスとちょっとした匙加減。

さっぱり味か、コク深い味か、甘さ控えめがいいか、人それぞれ好みが違いますよね。







①基本の材料の決め手はスパイス。

 シナモン(スティック)、カルダモン、クローブ、オールスパイス、ジンジャー、バニラ 

 ビーンズなどは欠かせない材料となります。すべてホール状のもので用意します。

 ホール状のものを使うと出来上がりの香りがとても豊かになります。



 その他にジュニパーベリー、アニスシード、スターアニス、ブラックペッパー、コリアン

 ダー、ナツメグなどスパイスの配合はお好みで加えてもよさそうです。


 甘い香りがお好みであればアニスシード、甘く爽やかさがお好みであればコリアンダーを

 加えて自分好みにすればいいでしょう。


 スパイスの分量は・・・

 今回は6名分を作ったのでかなりな量を使いました。

 半端じゃないほどの量はシナモンでした。次にカルダモンも。

 ピリッと味を引き締めるジンジャーも大きめのものを使いました。


 問題はクローブの量でした。

 スパイスの中でも香りも味もクローブの量が多いとすべて台なしになるのでは・・・と、 

 はじめは控えめにしていたのですが、味見をするとクローブが足りないかも・・となっ 

 て、結局クローブも他のスパイス同様かなりの量が入りました。

 クローブのパンチ力必要のようです。







②お砂糖は三温糖、キビ砂糖、てんさい糖、はちみつ、どれでもOk。

 もちろん、上白糖、グラニュー糖でも。

 今回は、黒糖とキビ砂糖を使用しました。

 なぜなら、コクのでる黒糖でクラフトコーラを仕上げたかったからです。

 それに出来上がりの色味をコーラに近づけたかったということもあるのです。

 レシピによっては、カラメルソースを作って加えるとより黒味のあるコーラになるとか。




③薬っぽい味か、美味しい味かの分かれ目は柑橘にあるのかもしれません。

 通常のレシピは無農薬レモン2つというのがほとんどです。

 又はまろやかな味にするのにマイヤーレモンでもよさそうです。

 ライムを使っても爽やかそうです。



 今回は偶然見つけた広島産無農薬レモンを使いました。

 なんと通常レモンの2~3倍の大きさです。

 まるで夏ミカンのようです。

 丸ごとたっぷり使いました。





ここでアレンジもできます。

販売されている「大和コーラ」には、トウキ、キハダの実、柑橘は橘が入っています。

少し薬っぽい味わいになるかもしれませんが、これはこれで美味しいです。




材料がそろえば、あとは簡単。煮るだけです。

20分ほどでできあがりますが、瓶にスパイスごと入れて半日ほどそのままにします。

スパイスの香りをしっかり移したいからです。







最後にみんなで炭酸で割って飲んだところ、みんな揃って「美味しい!」の声が。

「香りもいい!!」「ウオッカで割って飲みたい!」「かき氷にかけたい!」

「ヨーグルトやアイスにかけてもいいね」などなど。



美味しくできたクラフトコーラ、簡単に作れるものの、使うスパイスによって味がどのように変化するのか気になります。


また、今回は柑橘の大きめ広島産レモンを入ることによって、出来上がりがまろやかな酸味のあるクラフトコーラが出来上がったので、また別の柑橘を使っても違った味わいが楽しめそうです。


いろいろなクラフトコーラをつくってみたくなりました。

クラフトコーラも意外と奥が深い!!と感じました。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示